トリチウム測定のための、水試料サンプリングご協力のお願い

被災地いわき市にて素晴らしい活動を続けている「いわき放射能市民測定室たらちね」代表の鈴木薫さんより
「トリチウム測定のための、水試料サンプリングご協力のお願い」が届きましたのでお伝えします。
ぜひお知り合いにも転送いただき、ご協力をよろしくお願いいたします。

[以下、転送]

トリチウム測定のための、水試料サンプリングご協力のお願い

 いつも、お世話になっております。

いわき放射能市民測定室たらちねの鈴木です。

本日は、トリチウム測定のための、水試料サンプリングご協力のお願いをいたしたく、メールをさせていただきました。
たらちねでは、今年の4月に、福島第一原発から来年の春に放出予定の汚染水による海洋汚染の環境モニタリングを、いわき市行政とデータ共有することの連携を構築しました。
汚染水の放出が始まると、1日に25メートルのプール110杯分の汚染水を海水で薄めて30年間以上の期間、流し続けるようになります。
つきましては、福島第一原発から汚染水が放出される前の海洋環境の状態を知るために、遠方の水のトリチウムの測定を行いたいと希望しています。
海には壁があるわけではないので、福島から流された高濃度の放射性物質を含む汚染水は海流にのって遠くまで流れていきます。
東電によるシミュレーションでは沖合よりも沿岸を這うように汚染物質が停滞するようになります。(それでも、直ちに健康に影響はない、と東電は言っていますが。)
福島県内や全国の有志の人々が放出に反対の要請など実施しています。
たらちねでも、放出ありきの考えではありません。
しかし、いずれにしても、万が一に備えて、放出前のデータは重要になってきます。
ご協力いただける方がおられましたら、ご連絡いただきますようお願いします。
 
件名:「トリチウム水の件」 でお願いします。
担当:木村
電話:0246-92-2526
 
【方法】
  1. 試料の種類:海水・川水・湖水・沼水・水道水など、いずれでもOKです。海水が第一希望ですが、海無し地域の場合は、海水以外で構いません。
  2. 必要量:2リットル
  3. 容器:空のペットボトルを共洗いして使用してください。共洗いとは、採取値で採取前に採取する水と同じ水で、3回すすぎ洗いすることです。
  4. 梱包:水が漏れないよう口のところをビニールテープできっちり密封してください。
  5. 採取地点:住所の記載をお願いします。できればスマホのGPSなどで確認し、緯度経度もお知らせいただくと助かります。
  6. 配送:水漏れしないよう梱包し、宅急便などで送ってください。
  7. 送料:たらちね着払いでお願いします。
  8. 住所:〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11番地の3カネマンビル3F TEL:0246-92-2526    FAX:0246-38-8322
  9. 測定結果:少し時間がかかりますが、測定結果は報告させていただきます。
  10. その他注意事項:水は濾過処理しますが、大きな砂利などはできるだけ入らないようにしていただけると助かります。通常のペットボトル量よりも多めに入れていただけると助かります。
 
以上です。
子どもたちが生きる未来のための測定です。
みなさま、お忙しいことと思いますが、どうかご協力をお願いいたします。
 
こちらの動画もご覧ください===============================================
【たらちね海洋調査】汚染水海洋放出にむけて、周辺工事が急ピッチで進められている様子をご覧ください!
2022年5月11日公開 (2分)
************************************************************************
認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね
〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11番地の3カネマンビル3F
TEL:0246-92-2526    FAX:0246-38-8322
お問合わせ:toiawase@tarachineiwaki.org
ご寄付に関するお問合せ:support@tarachineiwaki.org
URL: https://tarachineiwaki.org

Facebook: https://www.facebook.com/tarachineiwaki/

******************************************************************************

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする